不動産の名義変更手続き

不動産買取を学ぶ

不動産の名義変更手続き

不動産の名義変更手続き "不動産を売買したり、生前贈与や遺産相続により、所有者が変わったときには、名義変更が必要です。一般的には、不動産の名義変更手続きと呼ばれることが多いですが、正確には所有権移転登記といいます。
不動産会社を通じて、土地や家屋、マンションなどを売買するときには、不動産会社から紹介された司法書士が、売主・買主の代理となって所有権移転登記を行うのが一般的です。このときにかかる費用として、司法書士に対する手数料約5万円に加えて、登記事項証明書作成費用600円、登録免許税などの実費が必要です。
これらの費用を節約するために、司法書士に頼まずに、自分で登記を行うこともできます。親族間で土地を譲渡するとき、親子間で土地の生前贈与をするときには、司法書士を使わずに所有権移転登記することも珍しくありません。ただし、印鑑証明書や固定資産税証明書などの必要書類を準備するだけでも時間と手間がかかることを覚悟しておきましょう。"

不動産の名義変更で用意すべき必要書類

不動産の名義変更で用意すべき必要書類 不動産の名義変更を正式には所有権移転登記といい、その不動産を管轄している法務局に申請をして登記官に処理をしてもらう流れとなります。ひとくちに名義変更とはいってもその原因は相続や売買などのいくつかのパターンに分かれるため、大元になる申請書そのもののほかにも原因の証明となるような必要書類を添付するのが決まりです。
一般的な売買の場合には、権利証または登記識別情報、固定資産評価証明書、売買契約書、売主の印鑑登録証明書および買主の住民票をひととおり揃えることになります。相続の場合は相続人が複数に分かれている場合が多いため、必要書類のほうもさらに膨大になりがちです。この場合は権利証や固定資産評価証明書といった不動産そのものに関わる書類のほかに、遺産分割協議書、相続人全員の印鑑登録証明書や住民票、戸籍謄本、亡くなった人の除籍謄本や住民票の除票などが必要になってきます。戸籍謄本などの原本を法務局から還付してほしい場合は相続関係説明図も添付します。

新着情報

◎2023/01/05

情報を更新しました。
>不動産業の仕事の現状を知り学ぶことができる
>不動産は資産価値が高いのでチェックする法律も色々
>不動産業界で働きたい。求められる人材とは。
>価値が高そうな不動産を相続したならすぐに査定の依頼を
>不動産のお仕事と年収の高い仕事のチャンス

の情報を更新しました。

の情報を更新しました。

◎2017/7/26

サイトを公開しました

「不動産 名義」
に関連するツイート
Twitter

土地と家の名義を親と子供の共有から、子供の単独名義に変更する方法として1番お安くできる方法って何がありますかね?😅

不動産公正取引委員会さんは、愛が長続きするタワーの謄本を取って、夫婦共有名義で買った夫婦の愛がホンマに長続きしてるのか追跡調査して誇大広告じゃなかったか検討してほしいです!

委任状を渡すって言ってたから オーナー滝乃が美月に経営を委任、美月は雇われ女将の形にするのかな 椿屋の不動産権利書を渡していたけど 名義は滝乃のままでいざという時不動産を処分する際に名義を美月に移すのかな そうでないと今贈与税取られちゃうよね😅

意地やあてつけで旅館経営出来るほど甘くないと思うぞ 滝乃の信用があるから固定客も離れないし銀行も融資するのでは 担保を椿屋の不動産にするにも滝乃名義では 結局は滝乃の庇護下で後継ぎの真似事してるだけよ

20万円限定ではあるが、 約3ヶ月程で100%還元。 つまり3ヶ月で2倍になる。20万儲かると言う訳です。 こんな割のいい投資は無いでしょう。 リスクは 名義変更手続きや、不動産担保ローンの進行具合によって1ヶ月〜6ヶ月と、 早まったり長引いたりする事です。 詳細はDMにて