不動産買取を学びましょう

不動産買取を学ぶ

不動産買取業者が信用できない理由

不動産買取業者が信用できない理由 不動産の取引は、多くの人にとって年収の数年分にも相当する高額で、人生の中でも経験する機会は限られています。
また、不動産には同じものが二つとないため、価格は相対(アイタイと読みます)で、売主と買主の合意で決まるため、損をしないためには慎重な判断が必要です。
不動産取引では、売り主が価格を決めて、その値段で買いたいという人がいれば取引が成立します。価格を高くするのも売り主の自由ですが、高すぎるとなかなか買い手が現れず、反対にあまりにスムーズに取引が成立すると、もう少し高くしても売れたかもしれないと後悔することにもなりかねません。
また、売却して別の物件を買う買い換えや、借金返済などの期限がある場合、時間をかけずに売る必要があるので、その場合は、不動産買取業者という選択肢があります。
買取業者の場合は、所有者ではなく、業者が価格を決めて、その値段でよければ売却をすることになります。
一般的な売却の場合、業者は買い手を探して仲介をし、取引成立で仲介手数料がもらえるので、売り主と業者の利益は同じですが、買取業者との取引では、売り主との間で、利益が対立するのが取引の特徴です。
売り主にとっての利益は高く売れることですが、買い手の利益は安く買うことなので、取引価格を決めるにあたっては、相手を信用するだけでなく、自分の利益を確保する判断が必要です。

不動産買取業者は利益第一主義

不動産買取業者は利益第一主義 不動産買取業者が利益第一主義かと言うと、必ずしもそうではありません。
不動産の売却には、仲介と買取の方法があります。仲介は会社に買主を探してもらう方法で、高く売れる可能性がありますが、一般に時間がかかります。
買取は会社が直接買取り、転売するものです。当然、売れないリスクも引き受けることになるので、買取価格は安くなります。そのことをもって、利益第一主義と言うのは酷です。
不動産会社は仲介か買取かに関わらず、利益第一主義のように言われることがありますが、実際はそうではありません。
ほとんどの業者は、依頼者に喜ばれたい一心で仕事をしています。
ただし、それとは別に、不動産業界は法律に縛られている業界でもあります。売買や仲介には多くの法律が関わっているので、業者は法律第一主義にならざるを得ない面があります。
法律を遵守することは当然のことです。法律の中には民法のように、日本人の感覚とずれているもののあり、業者はいらぬ誤解を受けることがあります。

新着情報

◎2023/01/05

情報を更新しました。
>不動産業の仕事の現状を知り学ぶことができる
>不動産は資産価値が高いのでチェックする法律も色々
>不動産業界で働きたい。求められる人材とは。
>価値が高そうな不動産を相続したならすぐに査定の依頼を
>不動産のお仕事と年収の高い仕事のチャンス

の情報を更新しました。

の情報を更新しました。

◎2017/7/26

サイトを公開しました

「不動産 信用」
に関連するツイート
Twitter

レシピの「調理時間〇分」って、不動産広告の「駅徒歩〇分」と同じくらい信用ならないと思ってる

返信先:感電死は怖いですね😱職場のマレーシア人に聞いたところ、スイッチつけたままシャワー浴びているようでした。でもマレーシアの不動産信用できないところもあるので、引き続きスイッチ切ってからシャワー浴びて習慣にしようと思いました!

不動産屋の信用はカスなんだけど家探すのもめんどければ家自体もいいんだよなぁ ただ今から8月とか引越しも間に合わないし明らかに非常識なのよね ワイは家から徒歩圏だったり実家から通勤できるから別に急がなくていいとはいえ、一般的には無理やろ

返信先:融資は事業承継をする50年の不動産会社のメインバンクの信用金庫に相談しました。借入元の創業1年目企業の信用力だけではなく50年の信用を借りるようなイメージで提案をすると話が前に進みました。地場の会社の信用力はいろいろな方面で生かすことが出来ると実感しました。

ほとんどタダだからとボロ戸建て買ったり貰いまくったりで増やしているネイビーさん。 「えっ、ボロ戸建てって信用毀損なんですか?」 とショックを受ける話。 vol.3 不動産賃貸業において、銀行が融資したくなるような決算書の作り方・物件の買い進め方についてのお話